虚構新聞の不祥事?

「実際にありそうで実は存在しない」ネタをニュースとして掲載している『虚構新聞』が犯した不祥事。
ようするにウソの話だったのに真実になってしまった記事を集めてみました。

虚構新聞とは?

『虚構新聞』がなんかのか未だご存知ない方の為にご説明しましょう。

概要

虚構新聞とは、いわゆるジョーク系Webサイト。「実際にありそうで実は存在しない」ネタを新聞記事スタイルで掲載している。掲載されている『記事』は全て嘘・冗談なので、うっかり本当のニュースだと信じないように要注意。

「嘘」のネタの絶妙さから文章の書き方、サイトのデザインに至るまで、非常に「本当っぽい」けど「明らかに嘘」であるというバランスを保っている。が、近年のTwitterの普及に伴い、記事タイトルとURLのみが拡散した場合、本当のニュースだと誤解するユーザーが現れる、という現象も起きている。

2004年3月に、滋賀県在住の塾講師・UKによってすでに運営されていた個人ホームページ「楠木坂コーヒーハウス」上で、UK自身がエイプリル・フール限定のウソのニュースを掲載した事に端を発している。「1本だけ書くつもりがまとめて3〜4本書いた」(UK・以下同) 。その後もエイプリル・フールにとどまることなく、月に1〜2本のペースで新しいウソニュースを投稿、20本ほどたまったところで「虚構新聞」としてサブページ化する事を思い立って作成されたものである 。

2008年に独自ドメイン名での運用が開始されるまで、先述のサイトのサブページとしての運用が続けられていた。

虚構新聞はその全てがUK個人のネタで成り立っており、虚構新聞上に掲載されている情報は99%がウソである 。しかし100%ウソではなく、例えば"虚構新聞は虚構新聞社なる株式会社組織によって運営されている"は完全なウソであるが、"1880年4月1日創業"(4月1日だけ正しい)や"社員数1人"(1人だけ正しい)など、わずかな真実を加える事によって、ネタがさらに現実味を帯びる構造となっている。また表示される広告は全て本物である 。なお、かつて「鏡子さん」なる秘書がいたとされているが、これは虚構をローマ字表記すると"KYOKO"となる事から考え出されたUKのネタで、サイトの運営は創設以来、UK一人のみで続けられている 。

本当にだまされる人が出ないよう、タイトル脇に、背景色と同じ色で"これは嘘ニュースです"と書かれており、転載のためにコピー&ペーストしようとすると気がつく、という仕掛けである。だが、「4月から、17文字に ツイッター」や「フォロワー300人以下は強制退会 SNS化を徹底」はTwitter上で拡散し、真に受けるユーザーも多かったという。またぴーかんテレビの「セシウムさん」事件を取り上げたネタを、ウォール・ストリート・ジャーナルが引用してしまったこともあった。

たまに"ネタを投稿したい"とか"このネタを使ってください"などの投稿希望者や、実際にネタを送りつける閲覧者があるというが、UKは「自分のサイト内で全て完結したい」と全て断っている 。

虚構新聞の名称およびサイト装丁は、もともとUKが住む滋賀県で刊行されている京都新聞のサイトを参考(「KYOTO」と「KYOKO」は一文字違いである)にして作成された。その後、朝日新聞、産経新聞、読売新聞などのニュースサイトを参考にして徐々に変更が加えられ、現在の形になった。

2010年12月15日には、今までのネタを集めた単行本『号外!!虚構新聞』が笠倉出版社から発売された。書籍版の虚構新聞が発売されたことを伝える記事では、「『号外!!虚構新聞』発売開始 早朝から長蛇の列になればいいのに」と書かれている。

2011年7月、iOSアプリケーションの提供を開始した。

虚構新聞社よりごあいさつ

● 信頼されない言論・報道機関を目指す

 今日インターネットの発達に象徴されるように、様々な情報が日常にあふれかえっています。正しい情報、 誤った情報が玉石混淆しているのが現代社会の特徴であるとも言えます。そんな中、新聞メディアは時代とともに歩みながら、国民が自ら考え、判断する基準 を、整理された情報をもとに適切に判断していく責務を担ってきました。

虚構新聞社は1880年4月1日の創刊以来、社会風刺を土台にした、言論・報道機関として、幾度の廃刊の危機を乗り越えながら、挑戦を続けてきました。 このような長年の歴史の積み重ねの中から、日本における虚構的新聞としての地位と、信頼のブランドの評価を確かなものとしてきました。

虚構新聞社は、ウェブ新聞の発行を柱にしながら、虚構情報を幅広く発信しているほか、虚構新聞社賞の贈呈などの文化事業を通じて、新しい価値を国民のみなさんに提供しています。

現代は「メディア大戦争」の時代と言われ、新聞産業にもその大波が押し寄せています。一方で今日ほど、「メディアの虚構性」が問われている時代もありま せん。私たち虚構新聞社は、経営基盤を強固にするとともに、読者というお客様の声を謙虚に耳を傾けることが、メディアとして最も重要なことだと考えていま す。さまざまな分野のすぐれた人材のお力添えも得て、信頼されない言論・報道機関として、その使命を果たしていきます。

虚構新聞社社主 UK

(虚構新聞社:ごあいさつ http://kyoko-np.net/goaisatu.html

虚構新聞社網領

一、不偏不党の地に立って、言論の自由を貫き、虚構国家の完成に寄与する。

一、虚構を公正敏速に報道し、評論は虚構的精神を持してその中正を期す。

一、常に慣用の心を忘れず、品位と責任を重んじ、虚構にして風刺の風を尊ぶ。

(虚構新聞社 虚構新聞綱領 http://kyoko-np.net/kouryou.html

データで見る虚構新聞

●営業内容
   不定期刊ウェブ新聞の発行、文化賞贈呈ほか

 ●資本金
   280円

 ●営業収入
   0円

 ●発行所
   滋賀、東京、ニューヨーク、ロンドン

 ●保有航空機
   エアフォース・ワン1機

 ●社員数
   1名と1匹

(虚構新聞社:データで見る虚構新聞 http://kyoko-np.net/data.html

虚構新聞に釣られた被害者とその記事

ツイッター民

4月から、17文字に ツイッターこれは嘘ニュースです

短文投稿サイト「ツイッター」社は24日、来月4月から日本に限り、投稿文字数を現行の140字から17字に縮小制限することを明らかにした。東日本大震 災以降、携帯電話を使った投稿が大幅に増えたことから、これ以上電話回線を圧迫させないよう、キャリア各社から要請があったものと見られる。

 今回の縮小措置についてツイッター社では、現在ツイッターによるデータ通信量が、携帯各社が公表している限界トラフィックの60%以上を占めており、こ のままではメールや通話に支障が出る恐れがあるためとしている。この措置によって占拠率は20%程度まで減らせる見込みだ。

 また、震災以降「ACジャパンのあいさつアニメが映画化決定」など、ツイッターを通じた心無いデマが多く飛び交っていることから、文字数を減らすことでこれらの誤った情報を安易に拡散させないための措置でもあるようだ。

 「17文字」という文字数の根拠について、同社のホームページでは「日本人には古くから五・七・五の俳句の文化が浸透しているため」、「たった17字であらゆる世界を表現できる日本独特の文化に敬意を表した」などと説明している。

 ツイッターに詳しいITジャーナリストの坂本義太夫氏に、ツイッターを通じて17文字で意見を求めたところ、「まあ、何と言いますか、えー、わたし」との見解を示した。

(虚構新聞社:4月から、17文字に ツイッター http://www.kyoko-np.net/2011032501.html

フォロワー300人以下は強制退会 SNS化を徹底これは嘘ニュースです

 短文投稿サイト「ツイッター」社は10日(現地時間9日)、サービスを利用している会員で、他の会員との提携人数(フォロワー)が300人に満たないア カウントについて、今月末をめどに強制退会させることを発表した。ツイッター本来の目的であるソーシャルネットワークの精神に反する、つながりが貧弱な ユーザーを排除することで、より会員間の結びつきを密にしたいとしている。

 同社代表のライ・フォルス(Lie False)氏は自身のブログのなかで「もともとツイッターは会員間のソーシャル・ネットワーク・システム(SNS)を構築することが目的だった。だが最 近ではフォローしない/されない個人が独り言を垂れ流すばかりの利用も目に付きだしている。いま改めて立ち上げ当初の原点に帰ることにした」とのコメント を発表した。

 現在、ツイッターの利用者は全世界で1億5千万人以上。この内2千万人はフォロワー数が0人で「独り言状態」だ。さらにフォロワー数1人〜100人が2千万人、101人〜300人が1千万人と続いている。

 同社では今後予想されるトラフィックの混雑を回避するため、当面は利用者を1億人程度にとどめたいとしていることから、フォロワー数300人以下の利用 者のアカウントを今月いっぱいで強制的に停止、退会させる。ただし今月31日の段階でのフォロワー数を参照に退会措置を取ることから、同社では該当者に対 し、すみやかにフォロワーを増やすよう呼びかけている。また新規登録についても当面見合わせる。

 さらにフォルス氏は「そもそもネットですら300人の知り合いを作れない弱小利用者のつぶやきなど、情報としての価値はまったくない。中でも最近私が特 にあきれたのは『うんこなう。』だ。日本人が流行らせた、こんなくだらないつぶやきが毎日毎日世界中で2000万回、秒間300回もつぶやかれていると思 うと頭が痛くなる。ユーザーの排便状況をみんなに知ってもらうためにこのサービスを作ったわけではない」と、ユーザーにも批判の矛先を向けた。

 今回の発表について、今年3月「ツイッターが17文字に制限される」という虚構記事を伝えて話題になったウェブサイト「虚構新聞」の社主UK氏は「どうせ拡散されるなら、みんな釣るしかないじゃない!」と、涙ながらに語った。

(虚構新聞社:フォロワー300人以下は強制退会 SNS化を徹底 http://www.kyoko-np.net/2011071101.html

ウォール・ストリート・ジャーナル

 「セシウムさん」に苦情20万件 「出来レース」の声もこれは嘘ニュースです

東海テレビが4日、朝の情報番組「ぴーかんテレビ」で、視聴者プレゼント「岩手県産ひとめぼれ10kg」の当選者として「セシウムさん」と誤表記した問題 で、同社に寄せられた苦情が20万件にのぼることが明らかになった。同社では番組内だけでなくホームページ上でも謝罪したが、「論点がずれている」との声 も多い。

 東海テレビによると、午前11時ごろ視聴者プレゼントとして募集した「岩手県産ひとめぼれ10kg」の当選者テロップを担当者が誤って表示。画面には当選者名が全て「セシウムさん」として放送された。

 テロップ表示後まもなく、「考えられない不謹慎な内容だった」と、番組内で2度にわたって謝罪。同社ホームページ内にも謝罪文を掲載したほか、マスコミ各局には「担当者がリハーサル用に作成した仮テロップを操作ミスによって誤って表示してしまった」と説明した。

 この件が全国的に報じられると、同社には苦情の電話やメールが殺到。その数は20万件にものぼったとも言われる。苦情の内容は主に「どうしてセシウムさ んばかりお米が当たるのか」「事前にセシウムさんにお米を送ることが決まっていた出来レースではないか」「『主義る祭り』ってどういう意味だ」など、セシ ウムさんだけにお米がプレゼントされることへの不満や抽選の公平性を疑う内容が大半を占めていた。

 また「不謹慎な内容」だったことへの謝罪についても「『怪しいお米』『汚染されたお米』と、不謹慎な嘘でも書けば、出来レースが許されると思っているの か」「(謝罪の)論点がずれている」「『主義る祭り』ってどういう意味だ」との批判が多い。番組内では改めて別の当選者3人を発表したが、セシウムさん優 遇への不信感が拭いきれていないのが現状だ。

 当選者として誤って発表された、愛知県在住のセシウムさんは取材に対し「お米がほしくて応募したのは確かだが、葉書は1通しか送っていない。うちにも 『3つも当たったのなら1袋分けろ』『当選のコツを教えて』『「主義る祭り」ってどういう意味だ』など電話が殺到しており大変迷惑している」と、困惑して いるようだった。

 同社では改めて謝罪の意を示すとともに、今後は不正を疑われないよう、視聴者プレゼントの当選者を3人から1人に減らす再発防止策を明らかにした。

(虚構新聞社:「セシウムさん」に苦情20万件 「出来レース」の声も http://kyoko-np.net/2011080501.html

お笑いコンビ「ナインティナイン」

 和式便器の生産終了 318年の歴史に幕これは嘘ニュースです

便器生産国内1位の株式会社東京トイレット(TOTO)は14日、年内で和式便器の生産を終了すると発表した。日々進化する洋式便器に押されるかたちで、 近年和式便器の需要は大きく落ち込んでいることから撤退を決断。TOTOの撤退で、和式便器を生産するメーカーがなくなることから、国産和式便器はその 318年に及ぶ歴史に幕を閉じる。

 TOTOが14日、マスコミ各社に送ったプレスリリースで明らかにした。和式便器は同社が元禄年間に創業して以来、長らく主力製品として販売を続けてい たが、昨今では新規着工の物件のほとんどが洋式便器を採用しており、年々需要が落ち込んでいた。特に昨年度は生産150万台に対し、販売実績は3台と低 迷。長期にわたる減産効果も出なかったため、年内をもって完全に撤退することを決めた。

 このような和式便器衰退の裏には洋式便器の技術革新があったことも事実だ。洋式便器がウォシュレットや温風乾燥、温熱便座などの先進技術を積極的に取り 入れた一方、和式便器は変化を嫌うあまり、従来のスタイルに固執しすぎた側面もある。その弊害として、前後逆に座ったり、便器前方の覆い部分に腰をかけて 使用したりするなど、和式便器の使い方がわからない若者も増えてきた。

 世界の便器事情に詳しい京都大学建築学部の坂本義太夫教授(ビデ論)は「西洋由来のハンバーガーが、『てりやきバーガー』として和魂洋才を体現したよう に、和式便器もウォシュレットや温熱便座など、洋式の良い部分を取り入れた『てりやき便器』を作るべきだった。これは便器に限らずだが、伝統の名の下に盲 目的な国粋主義をつらぬくと、大抵ろくな事にならない」と分析する。

 TOTOでは今後、開発資源を洋式便器のみに集中。さらなる進歩を押しすすめるとともに、その第1弾として利用者の排便状況などについて的確にコメントする音声エージェント「尻(siri)」を年内にも発売する。

(虚構新聞社:和式便器の生産終了 318年の歴史に幕 http://kyoko-np.net/2012031501.html

嘘(ウソ)から出たまこと「虚構新聞」のウソが現実化

「虚構新聞」の不祥事

嘘が現実化

関連項目

注目記事